tak66narw (tak66narw) wrote,

福井?兵庫?滋賀で3人行方不明

……ですね」

「わかったわ。信用はまだ出来ないけど、意向についてはわかった。ならここは、まずお互いを知る事が大事よね」

「知る? しかし情報は」

 どういう意味?tumi 財布 人気

「言っておくがロナ。ライドウ様と体を重ねたりしたら、これは本当に純粋なお前への忠告だが、一生後悔する事になるぞ。恐らくは私にも災禍が降りかかると思われるので全力で邪魔をさせてもらうからその気でいろ」

 識が箸を止めて大真面目な顔でロナさんに静かにゆっくりと言い含める。

 体を重ねる……。ああ、知るってそう言う。

「とことん呼捨てにし続ける気のようね、識」

「お前に呼捨てにされる謂れは無い」

「その言葉そっくり返すわ。ったく。知るって体の意味じゃないわよ。別にそれもお望みなら良いけれどね。力や考えを知っておきたいの、少し位はね。講義のあれじゃあお互い参考にならないでしょう?」

「はっ。あれでライドウ様の深淵なるお力の一端にも気づけないとは不感症か貴様は」

「具体的には何をさせたいんです?」

 ロナと識の漫才は、まあ無視だ。

「信じるも信じないも勝手だけどね。私がここに来た目的は――」


[と言う訳でね。ライム、悪いけど探ってもらえる?]tumi ブランド

「喜んで! すぐに尻尾を掴んでやります。ホントなら胸糞の悪い話でさあ。ではっ」

ライムが即答で僕の願いに応じて部屋を出る。ほぼ同時にクズノハ商会から二つの気配が消えた。森鬼のアクアとエリスだな。彼女たちも探索に加わってくれるようだ。

「あの女の言う事は何事も疑う方が無難ですよ、ライドウ様」

「識。見知った仲みたいだったけど、昔の知り合い?」

「ええ。主に情報のやり取りをする協力者、だったのですが。何度利用され面倒に巻き込まれた事か」

 識の表情が苦悶に歪む。この様子だと結構酷い目に遭っているんだな。

「タイプとしては澪殿に似ているかもしれません。詳しくは知りませんが魔王に並々ならぬ恩があるとかで、病的な忠誠を誓っています。実力は及びませんが凄く頭の回る|狡(ずる)い澪殿のように考えれば大幅でわかって頂けるかと。あ、これ澪殿には内緒でお願いします」

 凄く頭の回る狡い澪って……。

 詰むな。僕なら。間違いなく心が破綻すると思う。

 魔王って男としても僕なんかより相当器の大きな人物らしい。断片的な情報から想像するだけでも優れた君主のようだし、出来る男なんだなきっと。ん? 魔王が女である可能性もあるのか。そういえば、情報なんて殆ど無いな。

 そして識。びくびくする位なら別の例えにすれば良かったのに。まあ、実にわかりやすかったのは確かだ。

「ロナさんか。結局、この一件が解決するまではカレン=フォルスとして学園に通うらしいね」

「こそこそと動き回るでしょうな」

「クズノハ商会にはノータッチと言ってくれたけど、識の言い様によると信用出来ない、か」

「はい。あの者は呼吸と同じレベルで嘘を吐きます」

 どんなだ。間髪入れずにその答えって。

「一応彼女の反応を常に捕捉しておいてくれる?」

「もとよりそのつもりです。今日はもう宿舎へ戻ったようですね。奴め、見事に監視されているとも気付かずに寛いでおります」

「……詳細に覗くのは程々にね。現在位置や動向だけ把握出来れば良いんだから。それじゃ僕達はお土産でも持ってレンブラント姉妹に挨拶に行こう」

「っと、そうでしたな。ご案内致します。手土産はカットフルーツだけでよろしいのですか? 花束などは……」

 そうか。見舞いにも行ってなかったから(と言う
http://www.bagsrack.com
  • Post a new comment

    Error

    Anonymous comments are disabled in this journal

    default userpic

    Your IP address will be recorded 

  • 0 comments