tak66narw (tak66narw) wrote,

「自由の女神」が公開中止に

たのだ。リサがどこまで気が付いていたかは彼らは知らないが、リサに余計な心配をかけまいと彼らなりに必死で努力していたのだ。そしてルースは悪だくみをするのが大好きだった。悪ガキどもを罠にはめる瞬間、彼はえも言われぬ充実感を覚えるのだ。
 だが振り向いたジェイクの表情は複雑だった。メンズ 腕時計 ブランド

「でもどうしたらいい? うかつに手をだすわけにはいかないし」
「てをだすなってことだよね? てをださなくても、やつらがじばくするようにすればいいのさ」
「どうやって?」
「こんなこともあろうかと、げぼくをつかってすでにしたしらべはやってある。みみをかして」

 ルースがひそひそと計画をジェイクに耳打ちするのだった。



ジェイクの新しい生活、その4~仕返し~

 ルースと相談した後、ジェイクは何事もなかったかのように教室に帰った。まだ授業は始まっていなったが、そこにラスカルとロッテが話しかけてくる。

「おい、ネリィは大丈夫か?」
「ああ、問題ないよ」
「でもずぶ寝れに」

 ロッテが心配そうに自分の服の胸元をつかむ。いつもはやや軽薄なラスカルも、真剣な面持ちだ。

「あいつらやるにも限度ってものがあるぞ!」

 ラスカルがきっと貴族たちの方を睨むが、ジェイクが止めた。腕時計 カシオ

「やめとけよ、ラスカル。こんどはお前まで狙われるぞ」
「だけどよ!」
「心配するな。俺もこのままでは終わらせない」

 そしてラスカルは、ジェイクの瞳に確かな怒りの炎が宿っていることに気がついた。だが逆に心配にもなる。ジェイクが早まったことをするのではないかと思ったのだ。いくら貴族が悪くても、庶民が貴族に手を出すことはあってはならないのが大陸の東では暗黙の了解である。庶民には、決闘すら申し込む権利が無い事がほとんどなのだ。

「どうするんだよ?」
「合理的に復讐する。午後は剣技の訓練だったよな?」
「ああ、上級生が監督するやつだな」
「よし」

 ジェイクが貴族の男達をそっと見る。全体のリーダーはデュートヒルデだが、男のリーダー的存在は、ブルンズという体の一際大きい少年だった。貴族としてはそこまで位が高くないようだが、腕っ節が強そうだ。その分頭はそこまでよくないのか、ジェイクよりも歳は一つ上なのに、まだこのクラスに留まっているのだ。
 その情報をどこで手に入れたのかと言うと、全てルースの下調べである。ルースはこの学園に来るなり、自分の級友とジェイクの級友の全員の経歴を調べ上げ、それぞれの弱みを探していたのだ。さすがはリサが仕込んだ子どもとも言えるが、これはルース本人の性向とも合っていた。またスラムの様な下町で生き延びるために身につけた知恵とも言えるかもしれない。
 そのルースいわく、

「おんなはぼくにまかせろ。せいしんてきに、てっていてきにおいつめてやる。だからじぇいくはおとこをやるんだ」

 だ、そうだ。ルースがどうやるのかはジェイクはあえて聞かなかったが、ルースはやると言ったらやる人間だった。それは物心着いた時からそうであり、出来ないことははっきり出来ないと言うのだ。その点ではルースは非常に信頼できる。もっとも悪ふざけの方向がたまにこっちに向かってくるのは、ジェイクとしても勘弁してほしかった事は幾度となくあったのは、記憶に鮮明だった。
 そしてジェイクは

http://www.925u.com
  • Post a new comment

    Error

    Anonymous comments are disabled in this journal

    default userpic

    Your IP address will be recorded 

  • 0 comments